« まなくらぶニュース 2018年1月号 | トップページ | まなくらぶニュース2018年3月臨時号♪ »

まなくらぶニュース2018年2月号♪

まなくらぶニュース

2018年2月号

 

★マナティースイム報告その1♪

 

毎月この「まなくらぶニュース」を配信している、つまき♪が、11年ぶり3回目のマナティースイムに行ってきました!♪

「まなくらぶ」発起人の山崎さんがされているダイビングショップ「マナティーズ」のツアーは今年3回あり、

その3回目(2月中旬)に参加しました♪

 

現地3日・往復3日のショートコースだったので、往路だけ、つまき♪が報告を担当します♪

以後は、毎月のニュースの内容を用意してくれているkayoさんも一緒に行ったので、バトンタッチします♪

 

ちなみにショートコースですと、今年は下記のような日程になりました。

 

<日程>

1日目 羽田空港午後4時頃離陸→ミネアポリス空港で乗り継ぎ→オーランド空港→夜10時過ぎににホテル着

2日目 マナティースイム(午前中)→ホモセッサ野生動物州立公園→土産屋→マナティーオブジェ撮影

3日目 一日中マナティースイム

4日目 マナティースイム(午前中)→土産屋

5日目 超早朝にホテル出発→オーランド空港→ミネアポリス空港

6日目 羽田空港到着(14時過ぎ)→さらに移動して帰宅

(普通コースですと、さらに3日間、現地滞在が増えます)

 

 

S1

羽田空港の国際ターミナルから、夕方4時頃に出発する飛行機でした。

参加者6名は、初対面同士や遠方からの参加者もいましたが、無事に集合時間に全員揃い、

マナティー好き同士ですのですぐに打ち解けました♪

 

ちなみにその6名の熱さにはすごいものがありました♪

1:20数年来の夢を叶えての初参加!しかもカメラマンなので撮影の気合いもハンパなし!

2:20数年来の夢を叶えての初参加その2!しかもツアー受付締め切り前日に即断して予約した強者♪

3:何年もあこがれて、でも仕事忙しすぎて、思い切って仕事抱えたまま参加!♪

4:マナスイム貯金を毎月きちんと続けて、なんと11年連続参加!♪

5:マナティーグッズを自作販売するほどのファン♪

6:私(マナティー愛好会まなくらぶ広報部長)

 

 

S2

マナティー手ぬぐいを制作した西本さんが、超絶かわいい集合看板を用意してくれました!♪

 

アメリカの航空会社だったこともあるのか、セキュリティの厳しさがハンパなかったですが、

6人で楽しく乗り越えました♪

 

機内でも、通路を挟んでなんとなくかたまって座席が用意されていたので、

ミネアポリス空港までの約11時間、気楽にかつ心強く過ごせました♪

 

 

S3

ミネアポリス空港で乗り継ぎます。

こうした空港ではWi-Fiが使えるのですが、そういう操作に詳しい参加者の道瀬さんのおかげで、

全員接続することができました♪

 

さらに約3時間かけて、フロリダのオーランド空港へ。

 

 

S4

夜の7時頃にオーランド空港に着きます。

時差の関係でこの日は1.5日分ほどある感じで長いので疲れますが、やはりテンションが上がります♪

 

スーツケースが出てくるところに、マナティーズのお2人が迎えに来てくれているので、

ここからはさらに安心で快適でした。

 

 

S5

車2台に分乗し、2時間ほどかけてクリスタルリバーへ向かいます♪

 

 

S6

途中、お店に寄って水や食べ物を買ったりするという、旅の楽しさもあります。

 

 

 

S7
宿の部屋です。

 

到着後、集合して、明朝からのマナスイムの注意事項を再度確認します。

そして、レンタルするドライスーツやスノーケルマスクを受け取って部屋に戻ります。

 

移動の疲れと長時間起きていることでへろへろなのですが、

時差ボケとわくわくで寝付けませんでした♪

 

ちなみに私が現地にいた3日間は、異常気象で気温も水温も高く、

マナティーたちが泉(スリーシスターズ)に集合していないどころか皆無という珍しい事態に・・・。

 

でもそれでも、マナスイム歴20年の経験値でマナティーを探し出してくれたので、

少しでも一緒に泳ぐことができました♪

さらに、4日目以降は気温も落ち着き、泉にマナティーたちが戻ってきたそうです。

(ちなみにツアー1回目・2回目の皆さんは普通かそれ以上にマナティーたちに会えています♪)

 

自然(野生動物)相手のツアーですので、そういうこともありますが、

なんせマナティー好きが集まっているので、陸上でのあれこれもすごく楽しかったです♪

 

そして今回11年ぶりということで痛感しましたのは、マナティー保護のためにスイムのルールが本当に厳しくなっているということ。

マナティーにはいいことが多そうですが、人間にはきついものがあります(笑)。

しかしながらそれでも、同じ水中でマナティーに会う感動というのは微塵も減りませんでしたので、行って本当によかったです!♪

 

マナティーズのお2人と、参加者の皆さんに感謝です♪

 

 

まなくらぶ

(ニュース担当=文責:つまき)

まなくらぶ事務局

160-0002 東京都新宿区四谷坂町6-23

TEL 03-5367-1277 / 050-3437-1017

(スクーバダイビングクラブマナティーズ内)

http://manatees.jp/ 

*メールなども上記サイトからお願いいたします

*「まなくらぶニュース」バックナンバー掲載用ブログ

http://manaclub.cocolog-nifty.com/blog/ 

*フェイスブック「まなくらぶ」

https://www.facebook.com/manateedaisuki/ 

 

|

« まなくらぶニュース 2018年1月号 | トップページ | まなくらぶニュース2018年3月臨時号♪ »

まなくらぶニュース 2018」カテゴリの記事