まなくらぶニュース2007

まなくらぶニュース:2007年12月号

まなくらぶニュース

2007年12月号



★マナティー写真展開催中!

東京・四ツ谷のTAMAGOというお店で、充実のマナティー写真展が開催されています!

Fwd: まなくらぶニュース:2007年12月号Fwd: まなくらぶニュース:2007年12月号
プロとアマによる十数点のすんばらしい写真に囲まれてのお食事を(会場はイタリアンバーです)、
是非ご堪能下さい!

(添付写真は準備中の様子です)



■会期について変更があります(><)

以前のお知らせ=2007/11/30(金)〜2008/1/4(金)

訂正→

□2007/11/30(金)〜12/29(土)

(12/30〜1/4まで 四谷の会場が年末年始のお休みでした。

 年末年始に展示品を見にこようと思っていた皆様本当に申し訳ありません。)



お店が貸切、などの事情により作品が御覧いただけない日時につきましては、

なるべくこまめに「nature'sブログ」 (http://natures1.cocolog-nifty.com/)に情報発信させていただきます

念のためお電話(03−3351−1137)で御確認の上、ご来場ください。



また会場などにつきましては↓でご確認下さいませ。

http://www.jeepisland.info/natures/









★マナティーパーティーのご報告♪

Fwd: まなくらぶニュース:2007年12月号

11/30に開催された、おそらく日本初のマナティーパーティーですが、想像以上の人数に

お集まり頂き、大盛況となりました♪
Fwd: まなくらぶニュース:2007年12月号


当日は、倉沢さん・福田さん・市川さん・佐藤さん・たつまるさんといったプロの方々がご参加下さり、

本やDVDにサインして下さったり、クイズ大会を盛り上げて下さったりしました!



会場には、マナティーの写真のほかに、マナティーやジュゴンの本が多数展示されたほか、

貴重なマナグッズ販売会も開催されました♪(添付写真)
Fwd: まなくらぶニュース:2007年12月号Fwd: まなくらぶニュース:2007年12月号
また、手作りスクリーンでのマナ映像上映会などもあり、充実の内容となりました♪
Fwd: まなくらぶニュース:2007年12月号


遠くは岡山からも参加者がありました(><)

ご参加下さった皆様、本当にありがとうございました!







★博品館でマナティーのぬいぐるみが売っています♪

東京・銀座の博品館という有名な玩具屋(というかビル)で、マナティーのぬいぐるみが販売されています。

大中小とそろっていますし、結構いい場所で売られています(贔屓目?^^;)。

ですので、先日発売になった本「マナティー」とのセット販売をオススメしに伺ったのですが、

本とオモチャはルートが違うそうで、それは叶いませんでした(><)

が、売り場の様子を撮影する許可は頂いたので、添付しておきますね〜^^







★マナティーSNS開設♪

マナティーをシンボルとした、エコ関連用のSNS(mixiのような、ネット上の場)が開設されました!

まだ始まったばかりですが、マナティーのようにゆっくり楽しく輪が広がるよう、どうぞ気楽にご活用下さいませ♪

トップページは↓です。すべて無料です。ちなみにイラストやロゴなどは、私が担当させて頂きました(><)

http://manatee.snstown.com/openpne/main/



ちなみにまなくらぶHPも少しリニューアルされましたのでご覧下さいませ♪







ではでは、いよいよマナティーシーズンの到来ですので、皆様お風邪など召しませんように^^

|

まなくらぶニュース 2007年11月号

まなくらぶニュース

2007年11月号



★新屋島水族館での集会レポート♪

Fwd: まなくらぶニュース 2007年11月号

今回は、今年の5月に開催された「新屋島水族館に集合♪」のご報告です^^

私はよもやの病欠だったのですが、岡山支部長のNさんが送ってくれた写真でご紹介。

Fwd: まなくらぶニュース 2007年11月号

「新」と銘打ってリニューアルオープンした屋島水族館!

Fwd: まなくらぶニュース 2007年11月号Fwd: まなくらぶニュース 2007年11月号
以前の状態を知ってる人にとっては本当にビックリの、素晴らしいリニューアルのようです♪

Fwd: まなくらぶニュース 2007年11月号

マナティーのイラストが増えたり、水槽前もガラっと素敵になって図書コーナーが設置されたり!
Fwd: まなくらぶニュース 2007年11月号
Fwd: まなくらぶニュース 2007年11月号
モニターを使ってのマナティー説明まで!
Fwd: まなくらぶニュース 2007年11月号
Fwd: まなくらぶニュース 2007年11月号
Fwd: まなくらぶニュース 2007年11月号
そしてマナティーのニールとベルグは少し大きくなったような?

つぶらな瞳とぷくぷく具合は変わらずかわいいですね♪

Fwd: まなくらぶニュース 2007年11月号Fwd: まなくらぶニュース 2007年11月号

そしてそして、今回の写真にはないですが、ショップが新たに別棟で豪華にオープンしたとか!

マナティーグッズも増えました(ミニタオルとかボールペンとか)♪



しかも!琴電の駅から、山頂までの100円バスが就航したそうですので、車でなくても

行けるようになりました!(><)ですので皆さんも是非♪





★30日をお忘れなく!♪



みなさん、くどいようですが、11月30日(金)の「マナティーファンの集い」に是非いらしてくださいね!

詳しくは↓ですよ〜♪

http://manatees.kaz7.com/natures.html



では、その会場でお会いしましょう♪

|

まなくらぶニュース 2007年10月号(写真なし)

まなくらぶニュース
2007年10月号

★ブラジルのマナティー施設情報♪
日本唯一のマナティー研究者Kさんが、8月にブラジルにあるマナティー保護施設に行った時のお話を伺いました!

・Kさんが施設で行った研究・・・マナティーにロガーという小さい装置を取り付け、生態を記録。
(マナティーの位置・遊泳速度・身体の向き・水温などがデータとして取れるそうです。
 ちなみに遊泳速度まで計測できるのは日本製だけだそうです)
ロガーは、リュックを背負うような形で装着します。
尾びれは血管が多くあるので締め付けてはだめですが、脇の下は骨格があるので大丈夫だそうです。
マナティーを持ち上げて装着するのですが、羨ましい作業です^^
今回は11体で測定したそうで、生態の解明、は飼育下のマナティーたちの幸せにもつながる情報となるので、
貴重な研究だと思います。

・その施設とは・・・ブラジル国立研究所(INPA)というところで、敷地内に大小さまざまな水槽が設置され、
研究者とスタッフが真剣にマナティーの世話・研究・保護活動などに取り組んでいます。
大都会マナウスにあり、見学自由だそうです。

・マナティーたちは・・・南米ですので、いるのはアマゾンマナティーです。アメリカマナティーなどと比べると
本当に黒っぽくてツルンとした印象が強いです。皮は生え変わるそうです。
ブラジルでマナティーは「Peike−boi(ピクシーボーイ)(魚牛の意)」と言います。
アマゾン川の乾季には、泥の上でじっと待つ習性があり、施設の水槽でも水を抜くと暴れずじっとしているそうで、
研究などがやりやすそうです(アメリカマナティーなどは保護活動中に暴れてる映像をよく見ますが)。

・施設のマナたちは・・・親を殺されてしまったりした子供が運び込まれることが多いそうです(住民が通報してくれます)。
メスのマナティーはそうしたみなしごマナティーの世話もしてくれるので貴重なのですが、なぜか「メスのほうがおいしい」という
考えがあるせいで食べられてしまい、運ばれてくるのはオスが多いとのこと。
最近は汚染の影響で口が奇形になってしまっているマナティーもいるそうです。
<施設のマナティーたち一例>
ムルティンガ(オス)2歳
カンバ(母マナティー)みなしごの世話もします
BOO(母マナティー)同上
他にピライ・アウタゼス・クラゥワリなどの名前の子がいるそうです^^




★マナティーファンのイベント

2007/11/30(金)19:00〜21:00

「マナティー大好き大集合! 」
マナティー好きが集まるパーティーを開催いたします。
壁に飾ってあるマナティーの写真をみながら、マナティー好きが集まって語り合いましょう!

会費:4,200円(イタリアン料理と飲み放題)

場所:イタリアンBAR TAMAGO (イタリアンバー タマゴ)
http://www.tamago-net.com/tamago/
TEL 03-3351-1137
〒160-0002 東京都新宿区坂町5番地 角忠ビル地下1階

☆「マナティー 人間と遊ぶゆかいな仲間 福田 幸広 (著) 」というマナティー写真集が2007年9月に出版になりました。
まなくらぶのつまきもこの福田さんの写真集のイラストを描かせていただきました。
この写真集のお祝い会も兼ねて行います。もちろん、福田さんもつまきも参加します!

☆「二十歳になったジュゴンのセレナ  倉沢 栄一 (著)」というジュゴン写真集が2007年7月に出版になりました。
ジュゴンはマナティーのいとこのような存在です。 今回はこの写真集のお祝い会もまた兼ねています。
倉沢栄一さんといえば、あのかわいい写真集「のんびりマナティー」の著者です。

既に福田 幸広さんと倉沢栄一さんの本をお買い求めの方は当日福田さんとつまき、
そして倉沢さんに直筆サインをもらってくださいね。
「マナティー-人間と遊ぶゆかいな仲間 福田 幸広 (著) 」と「二十歳になったジュゴンのセレナ  倉沢 栄一 (著)」
イベント当日に数冊用意させていただきます。

このイタリアンバータマゴでは11月〜1月まで
「nature's(ネイチャーズ)」イラスト&写真展 自然を愛する仲間 が開催されています。
http://www.jeepisland.info/natures/(順次更新予定)

パーティーのご予約は・・
メールかメッセージにてお名前と当日の連絡先を福田か山崎までお願いします。
 福田まで info(a)fukudayukihoro.com
 山崎まで manatees(a)din.or.jp

・・・というわけで、非常にレア&わくわくなパーティーですので、皆様お誘いあわせの上、
是非是非ご参加を!!もちろん、お一人で来られても、マナ話題ですぐに打ち解けること間違いなしですし、
マナティーを撮影したプロのカメラマンさんたちと直接お話まで出来るのですから(そしてサインも!)是非是非!

ちなみに!こちらもお送りしたお知らせハガキに印刷した情報から変更になったのですが、
オープニングパーティーも、11/1ではなく10/27(土)に同会場にて行います!
と言っても、11月の絵を担当した私と主催者の山崎という、まなくらぶコンビがご飯食べてるだけですが(笑)
それも代わり映えしないので(笑)、お時間ございます方は是非お越し下さい!!(本当に!!・笑)
ちなみにその日は、午後1〜3時に絵を搬入し、その後しばらくまなくらぶ事務局でしゃべっている可能性が
高いですので、この機会にマナグッズの宝庫に遊びに来て下さる方も是非♪
夕飯(オープニングパーティー)は、6時頃〜だと思います。
ただ、山崎の本業が入った場合は変更の可能性が生じますので、下記携帯(山崎)までご確認をお願いします。
09088155882



★マナティー動画

ソニーのHPで、沖縄のちゅら海水族館をいろんな動画で紹介していて、
その中にマナティーのコーナーもありますのでご紹介♪
飼育係さんのお話とともに、マナティーたちのかわいい様子が見られます♪
http://www.sony.jp/products/Consumer/handycam/special/aqua.html



★まなくらぶニュースバックナンバー公開開始

2005年9月より配信を開始した「まなくらぶ」ニュースの、過去のものを公開するページを作成しました♪
徐々にアップしていきますので、お楽しみに^^
http://manaclub.cocolog-nifty.com/blog/2007/10/post_338f.html


|

まなくらぶニュース 2007年9月号

まなくらぶニュース

2007年9月号



①マナティーの新刊、本日発売!

「マナティー」(福田幸広・著/二見書房)1365円



ということで、実物を見てから熱くアピールしようと、ルンルンと大きな本屋さんまでいったのですが、

「データは来てるが本が来てない」ということだそうで・・・実際に店頭に登場するのは数日後になりそうだとか(><)

同じ東京でも都心なら早めかもしれませんが、いましばらくお待ちを^^;



そして!お近くの本屋さんにない場合は、是非ご注文を♪

そうすると、出版社に、マナティーファンがいることをアピールできますので^^



ネットで注文という方は、出版社のページ↓をご参照下さい。

http://www.futami.co.jp/new.php



アマゾンなら1500円以上で送料無料、

ブックサービスも1500円以上で送料無料、

セブン&ワイならセブンイレブン受け取りで送料無料!、

ビーケーワンは1500円以上で送料無料



・・・つまり、セブン&ワイ以外は「1500円以上で送料無料」ですので、がんばって2冊買って

「保存用&読む用」またはお友達にプレゼント・・・^^;

ちなみに、自分のもうけのためにアピールしてるわけではございませんよ〜^^;

(本が売れても私には1銭も入りません)



私もまだ現物を見てないのでドキドキですが、楽しみです♪

(表紙の写真を添付しました)







②マナティーのアロマライト発売!

まなくらぶ仲間のSさんから、耳より情報です♪
Fwd: まなくらぶニュース 2007年9月号


「かねてから注文していた マナティーのアロマライトが 出来てきましたるんるん

ガラス作家として頑張っている私の先輩がおりまして、マナティー好きな私、お願いしてみたところ、 かわいぃーハート達(複数ハート)



先輩はマナティーに逢ったことはないので、倉沢栄一さんの 写真集「のんびりマナティー」や他の写真をみてもらい、
Fwd: まなくらぶニュース 2007年9月号Fwd: まなくらぶニュース 2007年9月号Fwd: まなくらぶニュース 2007年9月号
ジュゴンとマナティーの違いを説明し出来てきたのがコレexclamation ×2
Fwd: まなくらぶニュース 2007年9月号

3、4回やり直してくれたそうです。 しわをいれないと間抜けだし、目にはなかなかガラス なので、

細かいシワを入れられないし・・・と悪戦苦闘してくれました。あせあせ(飛び散る汗)



●アロマライト電球・・・3990円

  

●ペンたて (兼 キャンドルホルダー)・・・3675円

  このようなニュアンスで ペンたても出来るそうです。
Fwd: まなくらぶニュース 2007年9月号


 サイズ:縦6x横6x高さ8cm



そして、キャンドルを入れれば「キャンドルホルダー」にもなります。

ただ、納期はお約束できないそうです、すみません。



彼女のHPを添付します。

glass hoppers

http://home.c01.itscom.net/fusing/shop/shop_top.html



もし、何かありましたら、HPから直接ご連絡下さい。

とてもハートのこもった素敵な作品たちですよぴかぴか(新しい)

商品カタログ、更新できていないみたいですが・・・あせあせ 」



と言うことで、商品の見本写真を添付しましたので、ご興味がおありの方は上記HPから

お問い合わせ下さい(HPにはまだマナティーは登場してないかもですが、大丈夫です)。





③マナティーの保護格下げ延期!



フロリダ州の野生動物局のようなところが、マナティーの保護レベルを下げようとしているということで、

地元の保護団体セイブ・ザ・マナティー・クラブ(SMC)が反対の署名運動などをしていましたが、

その甲斐あってか、格下げは延期になったそうです^^



私もネットで署名したのでうれしいですし、まずは一安心ですが、できれば「延期」ではなく

「中止」になるといいですね(><)



ちなみに、そのSMCから送られてくるニュースレターの中に、かわいいマナティー写真があったのでご紹介♪

http://www.savethemanatee.org/news_feature_barbara_sighting_07.html





④ディズニーワールドのマナティーがテレビで紹介されました♪



9月9日放送の「どうぶつ奇想天外」(TBS)で、フロリダにあるディズニーワールド在住のマナティーが紹介されました♪

(そのテレビ画面の写真を添付しました)

紹介と言っても一瞬ですが、尾びれをボート事故で失った姿を映して、そうなった理由もちゃんと伝えていました。



前々から、このディズニーワールドでマナティーを保護しているのは知っていたのですが、フロリダへマナスイムをしには行っても

ディズニーワールドには行くつもりがなかったので実体がわからず、ずっと興味があったので見られてうれしかったです。

ケガをしたマナティーの姿は痛々しかったですが、写真にあるようにひっくりかえって泳いだりしていました♪



マナティーがいる場所は、ワールド内のエプコットという所で、ファインディング・ニモのライドを降りたところにある水族館内だそうです。

行く予定のある方は是非見にいってみて、また情報など教えて下さい♪





⑤マナティーがシンボルマークの学校♪



このたびマナティーの新刊を出された福田さんがお教え下さった情報です♪

東京福祉専門学校というところが、マナティーをマークにし、その説明もHPでしています♪

色合いが変わったマナティーですが、マナティーの優しさを目指しているなんて、素晴らしいです^^

http://www.tcw.ac.jp/gakkou/enkaku/index.html









⑥11月&12月はマナティー月間♪



前号でもお知らせしましたが、東京・四谷のイタリアンバー(&カフェ&ご飯)の壁を3ヶ月間お借りして、

「ネイチャーズ」というタイトルの展示会を行います。



1ヶ月ごとに内容が変わるのですが・・・



①11月:動物肖像画(5点)&マナティーイラスト(5点)

②12月:マナティー写真展

③ 1月:ジープ島写真展



という、自然をテーマにしたラインナップで、目下鋭意準備中です^^;(私は11月を担当致します!)

12月のマナティー写真展では、プロの方々の写真も登場するかもですし、

マナファンの集い的イベントも予定されておりますのでお楽しみに!!



開催場所は、東京・四谷のイタリアンバー「TAMAGO」というお店で、

そこの壁を借りる形となりますため、「飲食を楽しみつつ写真やイラストも楽しむ」という、

小規模な感じになります(個展のような感じではありません)。



お店の営業時間は下記の通りです。

カフェ 11:30〜15:00 (月〜金のみ)

バー  18:00〜24:00 (月〜土のみ)

定休日=日/日に続く祝日



ちなみにカフェタイムは、上階にあるイタリアンレストラン「Mar」のランチを利用すると、

そのランチに含まれるドリンクを「TAMAGO」で飲む仕組みとなっているため、

「食後にドリンク飲みつつ写真を眺める」という楽しみ方もできます。

また、バータイムも、同じ上階の「Mar」のお料理を運んで来てもらえるので、

バーと言ってもイタリアンレストランのような感じでも利用できます。



いずれにせよ、無料でご覧頂ける形ではないため、詳細をお知りになりたい方は、

下記のお店のHPをご覧になるか、まなくらぶ事務局までお問い合わせ下さい^^



↓TAMAGOのHP

http://www.tamago-net.com/tamago/

↓TAMAGOの地図

http://www.tamago-net.com/tamago/tmgmap.html

↓MarのHP

http://www.tamago-net.com/yotsumar/index.html



ちなみに!まなくらぶ事務局はこのお店から歩いて数分の場所ですので、

この機会に遊びに来てくださるかたは、事前にお電話下さい^^(留守の場合がありますので)

電話:03−5367-1277  地図↓(ダイビングショップ・マナティーズ内)

http://www.din.or.jp/~manatees/divemana.html



また、期間中に開催予定の出版記念サイン会イベントなどについては、

下記専用HPで情報を更新していく予定です。(まだ準備状態です)

http://www.jeepisland.info/natures/







ではでは、珍しく熱いマナティーシーズンに向けて、皆様お風邪など召しませぬよう

くれぐれもご自愛下さいませ♪そして、バンバンご参加下さいませ〜^^



|

まなくらぶニュース2007年8月号

まなくらぶニュース
2007年8月号

暑かったり雨だったりのお天気ですが、皆様お元気ですか?
今回も期日ギリギリのまなくらぶニュースです^^;
でも!今回はその理由が、「マナ関連の仕事で忙しかったから」

いうことで、
うれしいお知らせもあります^^

その前に、今回添付した写真の説明を・・・

★まなくらぶ恒例「マナ水槽前集会」at鳥羽水族館♪
今年の6月に、鳥羽水族館のマナティー水槽前で開催された集会の報告です^^
私はよもやの病欠をしてしまったので、添付した写真を撮影してきてくれた
Kちゃんたちの話を聞きますと、時間的にあまり長居できずバタバタしていたにも関わらず、
飼育係さんがご親切にいろいろと案内して下さったそうです!(><)
マナファンも熱いですが、飼育係さんも熱いです♪^^
Dsc_0285Dsc_0301Dsc_0302Dsc_0310Dsc_0311Dsc_0312Dsc_0313Dsc_0315 

そんな鳥羽水族館にいいる、アフリカマナティーの「はるか」と「かなた」ですが、
鳥羽水族館の生き物の中で一番体重が重いんだとか^^;
Dsc_0318Dsc_0321
確かに、写真で見ても大迫力です!
Dsc_0324
身体の色合いがフロリダマナティーより暗めでツルっとした感じで
なんだか土管のようにも見えて・・・かわいいです♪
Dsc_0330
さらにはニヒルな眼差しも特徴的です^^
くちびる部分でガシッと水草をつかんでいる写真もすごいですね!
Dsc_0332

最後から2番目の写真は、テレビで鳥羽水族館のマナティーが紹介された時の画面です。
Ts381279
水槽のバックヤードに入って直接エサ(にんじん)をあげたりする様子が放映されました^^
最近の動物園・水族館ブームのおかげか、こうした番組が増えてマナティーが紹介されることも
多くなったようでワクワクします^^

最後の写真は、鳥羽水族館が独自に発行している定期刊行誌です♪
Ts381310
年に2回発行されるこの小冊子、充実の内容なのに、送料だけで購読できるんです!!
年にたったの400円!これは激しくオススメです^^詳しくは水族館HPを↓
http://www.aquarium.co.jp/publis/tsa.html

ちなみにマナティーの話はたまにしか登場しません・・・^^;
なので私はいつも、ハガキなど出す機会がある時に「マナティーの記事をお願いします」と
書き添えております・・・^^;
まぁとにかく、鳥羽水族館は発想力や行動力が素晴らしい水族館だなぁといつも思います^^


そしてそして・・・うれしいお知らせです!しかも2つも!!

その1・・・
★マナイベント開催!!
「natures (ネイチャーズ)」と題したイラスト&写真展が3ヶ月連続で開催されます!
1ヶ月ごとに内容が変わるのですが・・・

①11月:動物肖像画(6点前後)&マナティーイラスト(5点)
②12月:マナティー写真展
③ 1月:ジープ島写真展

という、自然をテーマにしたラインナップで、目下鋭意準備中です^^;(私は11月を担当致します!)
12月のマナティー写真展では、プロの方々の写真も登場予定ですし、
マナファンの集い的イベントも予定されておりますのでお楽しみに!!

開催場所は、東京・四谷のイタリアンバー「TAMAGO」というお店で、
そこの壁を借りる形となりますため、「飲食を楽しみつつ写真やイラストも楽しむ」という、
小規模な感じになります(個展のような感じではありません)。

お店の営業時間は下記の通りです。
カフェ 11:30~15:00 (月~金のみ)
バー  18:00~24:00 (月~土のみ)
定休日=日/日に続く祝日

ちなみにカフェタイムは、上階にあるイタリアンレストラン「Mar」のランチを利用すると、
そのランチに含まれるドリンクを「TAMAGO」で飲む仕組みとなっているため、
「食後にドリンク飲みつつ写真を眺める」という楽しみ方もできます。
また、バータイムも、同じ上階の「Mar」のお料理を運んで来てもらえるので、
バーと言ってもイタリアンレストランのような感じでも利用できます。

いずれにせよ、無料でご覧頂ける形ではないため、詳細をお知りになりたい方は、
下記のお店のHPをご覧になるか、まなくらぶ事務局までお問い合わせ下さい^^

↓TAMAGOのHP
http://www.tamago-net.com/tamago/
↓TAMAGOの地図
http://www.tamago-net.com/tamago/tmgmap.html
↓MarのHP
http://www.tamago-net.com/yotsumar/index.html


ちなみに!まなくらぶ事務局はこのお店から歩いて数分の場所ですので、
この機会に遊びに来てくださるかたは、事前にお電話下さい^^(留守の場合がありますので)
電話:03-5367-1277  地図↓(ダイビングショップ・マナティーズ内)
http://www.din.or.jp/~manatees/divemana.html


また、期間中に開催予定の出版記念サイン会イベントなどについては、
下記専用HPで情報を更新していく予定です。
http://www.jeepisland.info/natures/



その2・・・
★マナ本が出版されます!!♪
動物カメラマンの福田幸広さんによるマナティー本の新刊が、二見書房より発売されます!!
福田さんは7年もフロリダに通われ、写真はもちろんのこと、情報的にも充実の内容を
目指しておられるとのことです!楽しみですね~~~!!(><)
二見書房の案内HPは↓
http://www.futami.co.jp/cmg.php
(タイトルは変更の可能性アリです)

しかも!マナファンが結んでくれたご縁により、ななななんとぉ!わたくしも少々参加させて頂きました!(><)
フロリダのイメージ絵地図のようなイラストを担当させて頂き、もう、緊張感と喜びのあまり、
今でもなんだか夢のようです(TT)でも、室内熱中症になるほど頑張って描きましたので、
是非ご覧になって下さい!(そして苦情は言わないで下さい!笑)

さらにさらに、本の作成にあたっては、まなくらぶも情報提供者として活躍させて頂きました!
そういう形で参加させて下さる福田さんは、本当にお心の広い、しいお方です・・・(TT)
(しかも、「さすがプロ!」というこだりで作成した、珠玉の1冊ですよ!)
そんな福田さんならではの素敵な写真と情報満載のマナ本、9月末頃に発売予定です!^^
(そして、もし可能でしたら、12月のマナ写真展の間に、福田さんにサイン会をして頂けたら!と
企んでいるところです!^^)


・・・と言う訳で、冬のマナシーズンに向けて一足早く、日本のマナファンは秋から燃え上がりそうな予感なのです!(笑)
こんなことは滅多にございませんので(笑)、みなさん積極的にバンバン参加なさって下さい!!
お待ちしておりま~す!♪^

|

まなくらぶニュース 2007年7月号

★まなくらぶニュース★

2007年7月号





★バナナワニ園集会報告♪

6月10日(日)、まなくらぶ恒例の「マナティー水槽前集会」が

伊豆熱川のバナナワニ園で開催されました♪

本降りの雨にもめげず、マナティー水槽前で6人で盛り上がっていたら・・・

やがて雨もやみ、ちょっと眠そうだったマナティーも活発に動き始めてうれしかったです^^
Fwd: まなくらぶニュース 2007年7月号Fwd: まなくらぶニュース 2007年7月号Fwd: まなくらぶニュース 2007年7月号Fwd: まなくらぶニュース 2007年7月号Fwd: まなくらぶニュース 2007年7月号Fwd: まなくらぶニュース 2007年7月号Fwd: まなくらぶニュース 2007年7月号Fwd: まなくらぶニュース 2007年7月号Fwd: まなくらぶニュース 2007年7月号Fwd: まなくらぶニュース 2007年7月号Fwd: まなくらぶニュース 2007年7月号Fwd: まなくらぶニュース 2007年7月号Fwd: まなくらぶニュース 2007年7月号


ここのマナティーは日本で唯一のアマゾン・マナティーで、白いぶち模様が

すこぶるかわいゆいのです♪尾の裏には星のような形の模様もあります^^

さらには爪もないですし、「フロリダのより顔と尾が小さい感じがするね〜」と皆で観察したりしました^^

また、水槽生活のせいなのか、すごくお肌がキレイで、キメの細かさまで見てとれるほどです。



説明板によると、2005年7月の時点で・・・

身長    230cm

胴最大部 175cm

腕長    47cm

体重    300kg

年齢    42歳(推定)

だそうなので、今年は推定44歳ですね^^



以前にメールで質問したところ、こちらは園長さんの方針で動物に名前をつけないそうで、

飼育係さんは「マナティー」と呼んでいるそうです。ちなみにオスなので「マナティー君」です^^



そんなマナティー君はニンジンが大好きな様子で、いろいろ浮いている野菜の中から

確実にニンジンを選んで食べていました。そしてニンジンがなくなると、次に白菜の芯を

選んでいたので、「野菜の甘みが好きなのかね〜」と皆で推測してみました^^



写真の6〜9枚目は、以下のような流れを連写したものです^^

・「わ〜い、ニンジンおいしいな〜モグモグ♪」



・「ああっ!ニンジンがっ!」(口からポロリと)



・「僕のニンジン〜〜〜!」(目がマジです^^;)



・(パクッとゲットして)「ニンジン〜♪」

ここのマナティーも、笑顔が素敵です・・・



また、屋島水族館のマナティーもするように、ガラスに顔をつけたりもしていました。

ちなみにここの水槽は、構造的な理由なのか、反射が強くて写真によく人が写ってしまうので、

写真を撮りたい方は、よく写りこんでしまう白い服は避けたほうがオススメです^^

なんとなく、赤い服の人のところに行きがちにも見えましたし、「フロリダではピンク色の足ヒレに

マナティーが寄って来た」という話も飛び出し、狙い目は赤系?との推測も^^



まぁとにかく、みんなマナティー君の魅力にハマりまくりでした^^

アマゾンならではの模様や顔つきも見飽きないかわいさですし♪

そんな貴重なマナティーがいるのにあまり宣伝されてなくてもったいないのですが、

それでもスタッフに「マナティーはどこですか?」とわざわざ聞いてる人を何人も見かけましたし、

偶然に水槽前を通って、初めてマナティーを見たというお客さんたちも、

「なにこれ?!かわい〜〜〜!」と足を止め・・・中には「なんか癒されるわ〜」と

水槽前をなかなか去れない人も^^

私たち6人が水槽にへばりついてキャアキャア盛り上がっていたのも功を奏し、

「え?何がいるの?」と興味を持つ方が多かったですし、「なにこれ?」と言われれば

6人の誰かがすぐに「マナティーっていうんですよ♪」と説明させて頂き・・・(笑)



いつものようにマナティーの写真アルバムを広げたりはできず(天気と構造上)、

園の近くの定食屋さんでのお昼タイムに、参加者にだけ披露する形となりましたが・・・

でも、2度ほど水槽前に長居したのですが、興味を持った方がいれば

その方のカメラでツーショットを撮るお手伝いをしたりと、貢献して参りました^^;



ちなみにバナナワニ園は、本園・分園・植物園と分かれていて、マナティーは

「植物園」におりますので!!(本園のすぐ向かいの建物)

さらにちなみに、本園と植物園の間を流れる川にはアヒルたちがいて、そのうちの一羽は

見るからにグッタリした姿勢をしていますが、聞いたところ、「生まれつきで、でも頑張って

普通に暮らせている」とのことですのでご安心を(動物好きなら誰でも心配になると思うので)^^;

また、本園も分園も、ワニだけでなくレッサーパンダやゾウガメや変わった植物などなど、見所は多いです^^

さらにちなみに、マナティーグッズは植物園のショップでしか売っておりませんので・・・。



東京からの日帰りはちょっとキツかったですが(笑)、それでも十分楽しめましたし、

泊りがけでの伊豆旅行の際などでしたらますますオススメですので、

皆さんも是非、行ってみてください^^





★最近メディアで目にしたマナティー

①「世界のスーパー水族館(パート2)」という2時間番組の中で、

鳥羽水族館のマナティーとジュゴンが取り上げられていました♪

ジュゴンのほうが中心ではありましたが、それでも、関係ないところで

司会のマチャミが「マナティーかよ〜」といったツッコミを入れる場面もあったりして、

「マナティー」の名前が浸透してきてるなぁと、うれしくなりました^^



②「旅の香り」というテレビ朝日の旅番組で、先週放送された中に、マナティーが・・・

と言っても、ホンジャマカの石ちゃんが温泉でバタバタしている様子が「マナティーのようだ」

ということで・・・でも、そんな場面で名前が出るほどになったのだなぁと^^;

それに、わざわざマナティーの写真もちょろっと出ました。



③写真家・福田幸広さんの「今日は海曜日」(青菁社)という写真集にマナティー♪

この写真集自体は2002年発売なのですが、なぜか大きな本屋さんで平積みにされていて。

私は初めて拝見したのですが、イルカなどの様々な生き物の写真の中に、マナティーも♪

ちなみに裏表紙もマナティーです♪大型本なので迫力があります^^(3780円)



他にも、マナティー仲間の報告によると、銀座の博品館という有名おもちゃ屋さんでも

マナティーのぬいぐるみが売られているそうで、マナティーペースながらもじわじわとした広がりを、

勝手に感じてうれしく思っています^^

|

まなくらぶニュース 2007年6月号

まなくらぶニュース

2007年6月号



★新屋島水族館

5月25日、恒例の「マナティー水槽前集会」が、新屋島水族館(香川)で開催されました!

とは申せ、私はよもやの病欠を喫してしまったため、他のメンバーからの報告&写真です^^;



写真を見てまず驚いたのが、そのリニューアルぶりです!!

以前の屋島水族館を知っている人ほどたまげると思います。

壁まできれいに塗り直すとは・・・!しかも雨の平日なのにお客さんが沢山!!(TT)

その他もろもろビックリなリニューアル度合いなのですが、情報も写真も沢山あるので、

その話はまた次回にでも・・・

Fwd: まなくらぶニュース 2007年6月号Fwd: まなくらぶニュース 2007年6月号Fwd: まなくらぶニュース 2007年6月号Fwd: まなくらぶニュース 2007年6月号Fwd: まなくらぶニュース 2007年6月号Fwd: まなくらぶニュース 2007年6月号Fwd: まなくらぶニュース 2007年6月号Fwd: まなくらぶニュース 2007年6月号Fwd: まなくらぶニュース 2007年6月号Fwd: まなくらぶニュース 2007年6月号Fwd: まなくらぶニュース 2007年6月号Fwd: まなくらぶニュース 2007年6月号Fwd: まなくらぶニュース 2007年6月号Fwd: まなくらぶニュース 2007年6月号Fwd: まなくらぶニュース 2007年6月号

で、マナ集会はと言いますと、各地から計9名ほどが集まりました♪

リニューアルでますます忙しくなった飼育係さんも、わずかな時間を使って

お話して下さったそうで、有難く嬉しい限りです^^



そしてそして、肝心のニールちゃん&ベルグくんですが、写真で見るとニールちゃんが

またまた大きくなったような・・・そして相変わらずニョロリ系のベルグくん・・・。

今回添付した写真に写っているのはほとんどニールちゃんです。

(珍しく人も写ってますが、本人の了解取得済みです)



ニールちゃんはお得意の顔芸(顔をガラスに押し付けて移動する)を披露してくれていたそうです。

そんなマナティーたちを水槽にへばりついてうっとり眺めていたメンバーの一人は、

年間パスポートを購入したそうです(うらやましい・・・)。



リニューアルでマナ水槽付近もとても充実したようですし、ショップなども完全に別人のように

なっていて・・・つくづく参加できなかったのが残念なので、早くまた屋島集会が開催されることを

率先して熱望しているところです^^





★フロリダのマナティーについて

マナティーの研究や保護が進んでいるフロリダでは、セイブ・ザ・マナティー・クラブ(SMC)という

団体が熱心に保護活動を行っています。

そのSMCが行っている、マナティーとの養子縁組の書類に、先日メールアドレスを記入したところ、

ニュースレターが届くようになりました。ちなみにHPでも同様の情報がたくさん掲示されています。

HPは↓です。

http://www.savethemanatee.org/

英語ですが、マナティーについてはもちろんのこと、他にも養子縁組のことや、

保護施設のマナティー紹介、保護活動の紹介など情報満載で、勉強にもなります。





★今週末はバナナワニ園!

6/10(日)は、まなくらぶ恒例「マナティー水槽前集会」 at バナナワニ園(伊豆熱川)ですよ♪

雨天でも開催致しますので、是非是非^^

行きかたは↓です(バナナワニ園HP)

http://www.i-younet.ne.jp/~wanien/index4.htm





ではまた〜♪

|

まなくらぶニュース2007年5月号

まなくらぶニュース

2007年5月号



マナティーファンのみなさまお元気ですか?

今月号はイベント直前号ということで、マナティーがいる各水族館のHPや

その見所などをご紹介したいと思います^^





★新屋島水族館(香川県)

http://bug-bug.com/YAQ/uon.html

HPの表紙がマナティーです♪

「なかまたち」というページに、マナティー「ニール&ベルグ」の紹介があります♪

「Q&A」のページにも、マナティーの情報の記載があります♪



そしてそして!明日25日はまなくらぶ恒例「マナ水槽前集合at屋島」開催日ですよ!

9時くらい〜昼くらいまでの滞在を予定しておりますので(変動の可能性もあります)、

お時間ございます方はちょろっと寄ってみてください^^





★鳥羽水族館(三重県)

http://www.aquarium.co.jp/pc2/index.html

↑このページは、水族館公式HP内にある「飼育係さんの日記」のページです。

このページの右上にある「検索」という空欄に「マナティ」と入力して「検索」を押すと、

飼育係さんならではのマナティー情報が出てきます♪



http://www.aquarium.co.jp/kannai/index.html

↑こちらは、アフリカマナティー「はるか&かなた」の紹介があるページです♪





★バナナワニ園(伊豆熱川)

http://www.i-younet.ne.jp/~wanien/index1.htm

↑こちらもHP表紙にマナティー登場です♪

さらに帯状に流れる文字でもマナティーのことを言っているのですが、

スピードが速すぎてよく読めません(笑)



さらにここの、日本唯一のアマゾンマナティーの紹介ページはコチラ↓

http://www4.i-younet.ne.jp/~wanien/manatee_1.htm



そして!このバナナワニ園にまなくらぶで遊びに行くのは・・・

6月10日(日)ですよ〜!(昼前後を予定。マナ水槽前集合解散)





★ちゅら海水族館(沖縄)

http://www.kaiyouhaku.com/churaumidayori/

↑このページの、左側中ほどにある、「キーワードで捜す」という空欄に

「マナティ」と入れて「検索」ボタンを押すと、マナティーに関連する記事が出てきます。





★今回の写真について

今回は、「フロリダのマナティーたちは、こういう場所にいるんですよ」をテーマに選んでみました^^

基本構造は「川とそれにつながる泉」で、温水が湧き出ているポイント周辺に集合して、寝たり遊んだりしています。

ご飯は水草のあるところまで泳いで行って食べているようです

(集合している川や泉では、あまり水草を見かけません)。

Fwd: まなくらぶニュース2007年5月号Fwd: まなくらぶニュース2007年5月号Fwd: まなくらぶニュース2007年5月号Fwd: まなくらぶニュース2007年5月号Fwd: まなくらぶニュース2007年5月号Fwd: まなくらぶニュース2007年5月号Fwd: まなくらぶニュース2007年5月号Fwd: まなくらぶニュース2007年5月号Fwd: まなくらぶニュース2007年5月号Fwd: まなくらぶニュース2007年5月号

そして、その川の岸には・・・大きな家などが並んでいて、ちょっと驚きます。

野生と言っても、非常に人間の生活と隣り合わせ状態になってしまっている区域が見られるのです。

写真では水辺に木々がありますが、その反対岸や木々の後ろは住宅街だったりします。



水中は、感動的に透明なところもありますが、マナティーやヒトが動くとすぐ濁ったりもします。

木の根っこや倒木も水中にはあり、マナティーが抱きついたり身体をこすりつけたりするために

皮がなくなってツルツルになった倒木もありました。

底は砂地で、小魚やカニなど、他の生き物もいます。

その砂地やその上でまどろむマナティーに光のゆらめきが当たっている光景などは、

天国のようでしばしうっとり見とれてしまいます^^



朝日が差し込む中、湯気の立つ川に入るのもワクワク感が高まる素敵な瞬間です。

朝は川の中のほうが温かくて気持ちいいですし^^

そうしてマナティーもヒトも集合、みたいな状況になる時もありますが、皆ゆずりあって

順番にマナティーと遊べるように・・・という感じに自然となります。

そのような心持ちと態度でいたほうが、マナティーも遊んでくれます^^

夢中になって水中をのぞいているヒトが、近くにマナティーがいることに気づかないなんていう

状況もよくあり(笑)、その時は「そこにいるよ!」と、お互いに声をかけたりもします。

マナティーのおかげで、なんだかみんな「いい人」になってゆく・・・これまたマナスイムの素敵なところです^^





★イベントまとめ

5月25日(金)屋島水族館マナティー水槽前集合会

6月10日(日)バナナワニ園マナティー水槽前集合会

12月(一ヶ月間)マナティー写真展示会開催予定(東京・詳細未定)







|

まなくらぶニュース2007年4月号

まなくらぶニュース

2007年4月号



マナティースイムのシーズンも終わりに近づき、マナファンにとっては

ちょっとしょんぼりな季節ですが、みなさまお元気ですか?

なぜ今回はこんなにニュース配信が早いかと申しますと、お知らせがあるからです^^;

詳しくは後ほどご紹介するとしまして、まずはまだまだマナスイムネタから♪



★マナスイムの町★

マナティースイムと言いますと、もっぱらマナティーの写真ばかりになってしまうので、

今回はちょっと趣向を変えまして、町の様子などをご紹介。



フロリダのオーランド空港から車で2時間ほど北上したところにあるクリスタルリバー&ホモセッサという地域は、

マナスイムのシーズン(11〜3月頃)のみお客さんで賑わっていそうな、広大な田舎の町です。

でも逆に言うと、それだけマナティーを大事に真剣に想っている町で、保護活動も盛んですし、

町のあちらこちらでマナティーの像などを見かけます。マナファンにとってはまさにディズニーランドのような

「夢の国」的風景とも言えます(ちょっと大袈裟だったかも知れません^^;)。



今回添付した写真に沿って紹介すると・・・

1:ホモセッサ州立自然公園のショップで、なにやら衣装を着せられて飾られていたマナティーぬいぐるみ。

  日本ではなかなか入手できないマナティーグッズが溢れかえる町でもあります^^

  施設・ホテルのショップや、グッズショップなど、マナファン垂涎の充実度でございます。
Fwd: まなくらぶニュース2007年4月号


2:本当にでかい壁画マナティー。ショッピングセンターの駐車場に描いてあり、絶好の記念撮影ポイント♪

  よく見ると魚の後姿なんかも描いてあってすごいですね(笑)

  右上に描かれた「水中の木の根」は、確かにマナスイム中よく見かけます。
Fwd: まなくらぶニュース2007年4月号


3:これまた本当にでかい巨大マナ像。でっかいのにすごく作りがよくて、かわいらしい逸品!

  顔の下に立ったりして写真を撮りまくってしまいました^^

  もし金持ちだったら日本にも設置をお願いしたいくらいの、ナイスな像です。

  ちなみに菱形の模様は「日光のゆらめき」ですが、密かに「網焼き像」とも・・・・
Fwd: まなくらぶニュース2007年4月号


4:マナベンチ♪高級ホテル「ベストウエスタン」のショップ前に置いてありました^^

  背もたれ部分と肘掛部分がマナティーになっていて、木製の温かみもあって大人気♪

  ちなみにこのホテルのショップも、マナグッズ満載です。
Fwd: まなくらぶニュース2007年4月号


5:オーランド空港の「マナティー・カフェ」の壁画。

  到着時は目に入らないかもですが、出発前の余った時間はここで朝食でも^^
Fwd: まなくらぶニュース2007年4月号


6:同じく「マナティー・カフェ」の、特別席ゾーン(?)の壁画。

  このゾーンは、メニューにもマナティーのイラストが付いていました^^
Fwd: まなくらぶニュース2007年4月号


7:冬のマナティーが過ごす川は住宅街の中。

  本当にビックリするくらい、「家の裏」で暮らす感じになってしまっています(><)。

  もちろん、人間がそこまでズイズイ侵入してしまったからです。
Fwd: まなくらぶニュース2007年4月号


8:クリスタルリバーの町のシンボル的に立っているナニか(給水塔??)

  かなり高い位置にあって目立つのですが、車内から撮影したので鮮明でなくてすみません^^;

  かわいいマナティーのイラストがドーンと付いていて素敵です。
Fwd: まなくらぶニュース2007年4月号


9:お土産やさんに並んだマナティーぬいぐるみ♪

  「私を買って・・・」と見つめる瞳!(笑)

  なぜかこのお店だけに、マナティー型チョコが売っていますが店名がわかりません^^;

  ちなみにセンスがいいのは「トイズ・カンパニー」というお土産やさんです。
Fwd: まなくらぶニュース2007年4月号


10:マナティー風見鶏♪

  これまた車中から必死に撮ったので遠いですが、かなり羨ましい一品でした^^

  もしかしてオーダー品?!
Fwd: まなくらぶニュース2007年4月号


他にも町には、シティーホール前に「アメリカ国旗柄のマナティー像」があったりしますし、

アーティストによる一点モノのショップもあるそうです。

また、ハーレー(でかいバイク)のお店でも、マナティーとのコラボグッズを売っているそうです。



町はとにかく広いので車での移動となります。送迎以外の車がないツアーで行った時は、

私はタクシーを呼んでもらってショップや自然公園を巡りました。

「距離ごとの値段表」をドライバーが持っているので、ボラれるないよう、乗る前に

おおよその値段を確認してもいいかも知れません。

私は油断して普通に乗ってしまいましたが、ボラれなかったようです。



目的はマナスイムでも、せっかくのマナティーの町ですので、ちょっと巡ってみることをオススメします^^

ちなみに空港にはほとんどマナグッズがありません(ディズニーばっかり)。



そして、マナティーたちはこの町のどこにいるのかと言うと、写真にあるようなモニュメントのある大通りの、

脇に広がる住宅街を流れる川です。まさに「家の庭先の川」にいるのです。

ビックリするほど人間との距離が近く(と言うか人間がズンズンとそこまで広がっていて)、

それだけに、川の両端はコンクリで固められていてマナが食べる水草が生えませんし、

庭に撒いた除草剤や洗剤排水などが直撃してしまい・・・共存のためのルールを

人間側がしっかり自覚せねばなぁ・・・と、川を見るたび思いました。

そしてマナファンたちがつぶやくのは・・・「宝くじが当たったら、この川べりの家を一軒買いたいなぁ」です^^;

でも、そこらへんの住宅街は、映画に出てくるようなリッチな家ばかりですので、宝くじ一回くらいじゃダメかもしれません・・・^^;

そして川をボートで通ると、その家の犬たちが走ってきて吠えます(なんせ裏庭を通過してるようなものなので)。

こういう犬たちは、マナティーたちを見てどう思っているんでしょうね^^



・・・このような光景が、フロリダのマナティーを取り巻く光景です。

マナティースイムという、夢のような経験はまた同時に、多くのことを考えるきっかけを与えてくれます。







★「まなくらぶ」今後のイベント予定★



★「水中映像祭」by水中映像サークル(水中写真が大好きな仲間の発表会みたいなものだそうです)



4/7(土)14:00〜17:30

場所「ティアラこうとう 小ホール(江東公会堂)」

(電話03−3635−5500)

都営新宿線またはメトロ半蔵門線「住吉駅」下車

A4出口徒歩5分

(地図で見ると、A4出口を出て右に行くとグランドがあり、その隣りが「ティアラこうとう」のようです。

向かいには「猿江恩賜公園」があります)



*入場無料

*21の映像作品(各約5分)を通しで一回上映するだけですので(繰り返しはないので)、

 マナティーが登場する作品をお見逃しなく!

*マナティー登場作品(←あくまでも予定プログラムですので変更があるかもです)

(1)(14時の開始から4作品目)「水の星に生まれて」byみかん

ズバリ、先月マナスイムに行った方。マナティー動画映像!?お見逃しなく!

(2)「君と見た海」byDさん

予定プログラムにフロリダとかかれていたのでマナティーがでるかも!?

(3)「スティービー・マナティー」byYさん

こちらは、この「まなくらぶ」発起人にしてマナスイム歴10年を誇るマナティー好きYさんの作品です!

今年のイラストは私(つまき)が担当しておりますので、是非見てやって下さいませ^^

(Yさんによる過去の作品は「まなくらぶ」事務局にて視聴可能です)

(4)「かけがえのない海」(合同作品)

合同作品ということで、マナ写真もちょろっと登場予定!?。



・・・ということで、なんと21作品中4作品にマナティーが登場予定!という、以前では考えられなかったマナ度です^^

大きめのスクリーンでの上映だそうですので、めったに見られない「大画面マナティー」を是非ご堪能下さいませ!

ちなみに、第一部14:00〜15:50(約110分)と第二部16:10〜17:30(約80分)の間に、休憩が20分あります。

このプログラムも変動の可能性ありだそうですので、お時間ございます方は、どうぞ気楽に、

そしてなるべく最初から、おいでくださいませ^^





★5/25(金)屋島水族館(香川県)のマナティー水槽前でいつもの集会(開館時間〜2時頃までの予定)



★6/10(日)バナナワニ園(伊豆・熱川)のマナティー水槽前でいつもの集会(時間未定)



★マナファン(素人)によるマナ写真展イベントを鋭意企画中(日時場所未定^^;)



イベントにはいつも、「お知らせを見て初めて来てみました」という方が参加して下さり、

そうした新しい出会いもすごく素敵ですので、ご都合の合うものがございましたら、お気軽に是非お越し下さい♪

ちなみに「いつもの集会」とは、マナ水槽前で生マナにうっとりしたり、マナ写真や動画を皆で持ち寄って見てうっとりしたり、

チャンスがあれば飼育係さんにお話を伺ってうっとりしたり、皆でマナ談義で盛り上がって笑ったり・・・という会です(笑)





最近はテレビでも立て続けにマナティーが紹介されたりして、じわじわとマナティーの輪が広がっているように感じます^^

まなくらぶイベントも楽しく開催していと思っておりますので、どうぞ宜しくお願いします♪

|

まなくらぶニュース2007年3月号

まなくらぶニュース
2007年3月号

Fwd: まなくらぶニュース2007年3月号Fwd: まなくらぶニュース2007年3月号Fwd: まなくらぶニュース2007年3月号


★フロリダ・マナティースイム報告★ byつまき



2/17〜24の6泊8日の日程で、2度目のマナティー・スイムに行ってきました!^^

成田からフロリダへは、ミネアポリスまたはデトロイトなどでの乗り継ぎがあり、うんざりするほど遠いのですが、

それでも行くたび「頑張って来た甲斐モロあり!と思います^^



特に今回は、その気になれば(&体力があれば)一日中川に入っていられるツアーで行ったので、

本当に大満喫でした!しかもしかも、マナティーがうじゃうじゃいるポイントに連れて行ってくれるので、
Fwd: まなくらぶニュース2007年3月号Fwd: まなくらぶニュース2007年3月号Fwd: まなくらぶニュース2007年3月号
もう毎日ウソみたいにマナティーたちに会えて・・・本当に大感激でした!
Fwd: まなくらぶニュース2007年3月号Fwd: まなくらぶニュース2007年3月号


しかしながらそのことは同時に、マナティーたちを襲っている危機を長く多く観察・体感することでもありました。

ほとんどのマナティーに、スクリューによる傷があり、痛々しさに胸がつぶれそうになります。

中にはほとんど尾びれがなくなってしまっているマナティーもいて、水族館や保護施設で保護しても

いいくらいの重傷でしたが、一応自力で前進できていたので大丈夫のようです。

Fwd: まなくらぶニュース2007年3月号

また、目に見えない恐怖のひとつとして、水質の汚染があります。

マナティーがいるクリスタルリバーは、その名の通りビックリするほど透明で一見きれいなのですが、

実態はと言うと、人間が垂れ流す生活排水や庭に撒く除草剤などの農薬により、かなり汚染されているそうです。

(なんせマナたちのいる川や泉は「住宅街の中にある」ような状況なので!)
Fwd: まなくらぶニュース2007年3月号
それを実感するのが肌荒れで、長いこと川に入っていると、人間の顔や手なども荒れてきます。



私は丈夫なのか何も起こらないのですが、一緒に行った仲間のうち何人かは、

口のまわりなどスノーケルから出ている部分が白く荒れてしまい、ちょっと怖い感じになっていました。

まれに、顔が腫れたりということもあるそうです。

それでも私たち人間は、言うなれば遊びで川に入っているのですし、自分で汚染した水で

軽い肌荒れ程度の被害を受けているだけなのですからまだしも、マナティーたちはその水の中で

毎日のすべてを過ごしているのです。目に見えないからこその罪の深さに、ただただ恥じ入るばかりです。



そして、同じ哺乳類ながら水中で暮らすマナティーは、人間の鏡だと思うのです。

つまり、水の中なので汚染などの被害をいち早く分かりやすくこうむり、その結果哺乳類がどうなるかを

示してくれているように感じるのです。マナティーがこうむった被害は、やがて必ず人間にまわってきます。

と申しますか、人間が撒き散らしている毒の循環にマナティーたちを巻き込んでしまっただけなのですが・・・。

マナティーは本当に、癒してくれるだけでなく環境問題などにまで意識を向かせてくれる、

貴重で素晴らしい存在だと思います。



マナティーはその体型や鼻の穴などの造形もただひたすらにかわいいですが、

仕草や行動も本当に情愛に満ち溢れていて、まさに天使のような存在です。

攻撃する手段も何も持たず、どんなに人に傷つけられようとも、ニコニコと笑顔で人と遊んでくれます。
Fwd: まなくらぶニュース2007年3月号
なでるとすぐ引っくり返ってしまったり、引っくり返ったまま寝ていたり、興味津々で見つめてくれたり・・・。
Fwd: まなくらぶニュース2007年3月号
「平和」とか「愛」とかピンとこない人は、マナティーを見たらいいと思うくらいです。

マナティーはまた知能も高く、そのことはマナティーと見つめあいながら遊んだり、マナティーが手や顔で様々に表現する

その豊かさを見ればすぐ分かりますが、、親は数年がかりで子供にいろいろと教えます(オラウータンなどと同じですね)。

そうした親子の光景なども、見ているだけで涙が出るほどの愛情深さです。



そんなマナティーたちと同じ水の中で出会い、遊び、ふれあい、顔にキスしてもらい・・・

そんな夢のような体験をさせてもらったからこそ、マナティーたちがこれ以上傷つくようなことは決してあってはならないと、

強く強く思いました。まずは、ますます頑張って「排水」に気をつける毎日を送りたいと思います^^

それは個人による毎日の排水(洗顔・洗濯・洗髪・化粧品などすべてが流れて行きますからね!)はもちろんのこと、

できれば企業による排水にも目を光らせて、商品選びという手段で改善につなげていく努力もしたいと考えています。



・・・と、つい幸せすぎて熱くなってしまいましたが、本当にそれくらいウットリ&興奮で、興奮しすぎて発熱してしまい

一日寝込んでしまったほどです^^;日本ではなかなか入手できないマナグッズも大量に並んでいますし^^

そんなマナティーのお土産やさんや保護事務局などに車で連れていってもらえたのも、とてもうれしかったです♪



さらに楽しかったのが、前回は母親と二人きりでしたが今回はマナファンたちと計8人でワイワイと過ごせたことです。

毎日早朝から夕飯まで、ばかみたいに楽しくて大笑いばかりしていました(そして発熱・・・笑)。

朝ごはん(と昼ごはんもたまに)はボートの上で食べるのですが、空の下で皆で食べると本当においしくて^^

現地在住のお方の家&モーテルの両方に泊まったのも、なかなかできない経験で楽しさ満載でした♪

8人が互いに、皆が楽しく過ごせるようにと助け合えたのも、素敵な経験でしたし、心強く有難いかぎりでした。



また今回、私は気づかなかったのですが妊婦マナちゃんが4頭もいたそうで、おなかの子供が動くのが

分かるほどだったそうです。残念ながら、出産シーンもしくは生まれたてベイビーを目撃した人はいませんでしたが・・・。

(ちょうどその頃、日本のテレビで、ちゅら海水族館でのマナ出産シーンが紹介されたそうですね^^)



さらにさらに今回は、水中カメラマンさんたちが4人も順次ツアーに参加されたそうで、

そうした方々のご活躍を通して、マナティーの素晴らしさや現状が広まるといいなぁと思いました。





(ちなみに今回添付の私の写真は、普通のデジカメで撮っています^^;

 途中にあるオレンジ色のドライスーツの女性のは、マナティーに抱きつかれてうれしそうに

 沈んでいく、まなくらぶスタッフです^^)

Fwd: まなくらぶニュース2007年3月号



★まなくらぶ今後のイベント予定★

・4月(または5月)・・・素人によるマナティー写真展(詳細決まり次第募集要項などお知らせします)

・5月・・・屋島水族館マナティー水槽前にて集会(日時決まり次第お知らせします)

・6月(10日の予定)・・・バナナワニ園マナティー水槽前にて集会





*マナティー&マナスイムの写真・映像・資料の数々は、常時まなくらぶ事務局にて公開中♪

(そこから派生した、環境問題に関するモロモロの資料などもあります^^

 プラスチックゴミを集積して、オイルに戻す装置(ブレスト)まで運んだりもしています)



ではでは皆様、花粉症などで大変な方もおられますでしょうが、マナティーな心ですこやかに〜♪

(そうそう、マナティーの鼻水の写真が今回撮影され、まなくらぶで見ることができます^^)

|

より以前の記事一覧