« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

まなくらぶニュース2007年2月号

Fwd: まなくらぶニュース2007年2月号
Fwd: まなくらぶニュース2007年2月号
Fwd: まなくらぶニュース2007年2月号


Fwd: まなくらぶニュース2007年2月号
Fwd: まなくらぶニュース2007年2月号

Fwd: まなくらぶニュース2007年2月号
Fwd: まなくらぶニュース2007年2月号
Fwd: まなくらぶニュース2007年2月号
Fwd: まなくらぶニュース2007年2月号
Fwd: まなくらぶニュース2007年2月号
Fwd: まなくらぶニュース2007年2月号

なにやら妙なお天気ですが、皆さまお元気ですか?

マナティー・シーズン真っ最中のまなくらぶニュースです^^

今年も多くのマナファンがフロリダへ飛んでおりますので、その報告もお楽しみに♪



ですが、今回は前回に引き続き、熱川バナナワニ園(静岡)の写真と、

勝手に名づけた「ぶち君」にちなんで・・・



★「アマゾン・マナティーについて」です^^



アマゾン・マナティーは、他2種(アメリカ&アフリカ)とかなり違うようで・・・

外見的なことで言えば、

①白っぽい斑紋がある
Fwd: まなくらぶニュース2007年2月号
②爪がない

という大きな違いがありますが、他にもいろいろ・・・
Fwd: まなくらぶニュース2007年2月号


・食べるのは浮いている水草(アマゾン川は濁っていて水面下には生えない)

Fwd: まなくらぶニュース2007年2月号Fwd: まなくらぶニュース2007年2月号
Fwd: まなくらぶニュース2007年2月号
・↑そのせいか、他2種よりも口が下のほうについている

・アメリカマナは54種の植物を食べるが、アマゾンマナがありつけるのはたった24種

・しかも乾季に川の支流などが干上がってできた池などに閉じ込められたり

 乾季で植物が育たなかったりして、半年くらい絶食状態で過ごす

(上記おおむね↓より引用。

「動物大百科 2 海生哺乳類」平凡社←マナティーが表紙です!^^)



やはり、生息しているアマゾン川が濁っている&乾季があるということが大きく

影響しているのでしょうか?例えば、「濁っている=川底に水草が生えない=

川底を歩くことが少ない=爪がない」とか・・・

斑紋があるのも、濁った中で「繁殖期に目立つように」かもですし。

でも、アフリカマナがいる川も、濁ってるらしいんですよねぇ・・・^^;



さらには、受難の歴史もまた独特(?)で・・・

・マナティーを魚だと思った宣教師たちが、食べることを薦めた

→商業捕獲につながり、1600年代から乱獲されてしまって激減

(最近でも、1935〜54年の間に20万頭も!!)



そして始まった保護活動・・・

・1976年に国立アマゾン研究所により、生物学的研究と保護管理計画開始

 (人工飼育も始まり、生態の解明がすすむ)

・大食漢であることを利用して、水路やダム発電の妨げとなる水草を食べる係にする

 (そうすることで、「益獣」であるということを知らしめ、保護につなげる)

・マナティーの肉の売買禁止

・水辺の住民の、市街地への移住

・ナイロン製刺し網の普及(大人のマナはかからないので)

・1977年以降、ブラジル領アマゾンに7つの自然保護区指定

・マナティーの絵が付いているhavaianasのビーサンも、買うと保護基金に少し貢献できます

・近年、大豆の需要急増により、アマゾンのジャングルを切り開いて畑にしています。

 なので消費者として国産大豆を選ぶなどの行動も、マナティー保護につながるかもと

 私は思っています^^;



生態研究で判明した、アマゾンマナのすごい能力・・・

・マナティーは潜水中の心拍を毎分8回くらいに減らせる(普通は40〜50回)

→人間の約4分の1の代謝で長い潜水を可能にするが・・・

→そのことが体温調節の能力の低さにつながるため、水温が22度以下になると

  体温(正常値35.5〜36.1度)が急激に下がって死んでしまう

(アマゾン川の平均水温は29度で、年に3〜4度しか変動がない)

・一日の時間配分は、採食33%、休息17%、ゆっくり泳いですごす50%

・昼夜ともに活動し、24時間で約2.7キロ移動することも

・大人になると単独行動だが、10キロ以上移動して1・2日他の仲間と過ごし、

 またもとの場所に戻ることも

・交尾と出産は増水期に行われる



参考にした前述の本は1986年発刊なので情報が古いかもですが、

2年くらい前に放送されたNHKのアマゾン番組でも、乾季の絶食をがんばる

マナティーが紹介されていました。





・・・そんなこんなの故郷と生態を持つ、バナナワニ園の「ぶち君」。

3/24(土)25(日)に予定されている「まなくらぶ集会」で、

皆で会いに行けるといいですね♪





★マナティーの動画がHP配信されています

クラブアズールという、マナスイムツアーも開催している旅行社のHPで、

マナスイムのようすが動画配信されていました。

子供マナがボヨヨ〜ンとする感じなど、かわいさ満点なので、

パソコン環境的に視聴可能な方は是非^^↓

http://www.club-azul.com/manatee/index.htm







★マナスイム写真展(も、できたらいいな・・・^^;)

今回マナスイムに参加している人たちが、写真撮影に張り切っているため、

皆が帰国したあとの4月くらいにでも、簡単な写真展がしたいねぇ・・・と、

計画が浮上しております^^



もし実現しましたら&詳細が決まりましたらまたお知らせ致しますので、

マナ写真をお持ちの方&ご覧になりたい方はお楽しみに♪

私なぞ、張り切りすぎて水中デジカメを衝動買いしてしまいました・・・^^;



もちろん、まなくらぶ事務局(in ダイビングショップ・マナティーズ 新宿)に来て

下されば、いつでも「これでもか!」ってほどのマナスイム写真をご覧頂けます^^

他にも沢山のマナグッズやマナ資料がありますので、お気軽にお越し下さいませ!

(ただし留守の場合がありますので、必ずお電話くださってからお願いします^^)

〒160-0002 東京都新宿区坂町15-17    TEL : 03-5367-1277



ちなみに今シーズンは、プロの水中カメラマンさんが3人もマナスイムに参加されます。

こうしたことで、マナティーの認知度があがるとうれしいですね^^







ではでは、皆さんお風邪など召しませんように!^^













|

まなくらぶニュース臨時号

まなくらぶニュース2007年2月臨時号

まったくワタクシゴトですが、無事フロリダから戻ってまいりました!!^^

私が行った1週間前には、「両手両足にマナティーが抱きついてきて・・・」という

ウジャウジャ状態だったそうですが、私が行った時は残念ながらそれほどではありませんでした^^;

でもそれでも、私から見れば夢のように沢山マナティーがいて、本当に本当に幸せな毎日を満喫してまいりました!!

Fwd: まなくらぶニュース臨時号
マナたちの愛情に触れまくり、感激のあまり、何度水中メガネの中で泣いたことか・・・(笑)

Fwd: まなくらぶニュース臨時号Fwd: まなくらぶニュース臨時号Fwd: まなくらぶニュース臨時号Fwd: まなくらぶニュース臨時号
ちょびっとですが、写真を添付しました。
参加者全員が大量に撮影した他の写真なども ご覧になりたい方は、ご一報ののち、新宿の事務局(マナティーズ内)まで是非!
Fwd: まなくらぶニュース臨時号






で、本題ですが・・・・・・・すすすすみません!!

3/24・25に予定していたバナナワニ園での集会ですが・・・・

ちょっと主催者チームの日程が変更になってしまい・・・いったん延期にさせて頂きます!!(TT)

密かに楽しみにされていた方には大変申し訳ございませんが、現在のところ6/10(日)の

日帰りで調整中でございます!!(希望者あれば一泊)

(一応、告知以来、参加希望表明の方がおられなかったということもあったうえで、

延期という形をとらせていただいております)

なにせまなくらぶスタッフも各自仕事がございますため&今回代わる代わるフロリダへ行って

バタバタした中で告知してしまったため・・・本当に申し訳ございません(><)

せっかく3ヶ月ものばしたのですから、更なる充実の内容にできるよう頑張ります^^;

また、それまでにもマナティー関連イベントがあると思いますので(水中映像祭など)、

また告知させて頂きますので、どうぞ宜しくお願い致します!^^







さらに、折角ですので偶然に新聞で見つけたマナティー関連ニュースをご紹介。

(東京新聞2007年2月25日付)



” バレンタインデーの十四日、米フロリダ州タンパのローリー動物公園は、ちょっと変わったツアーに

大人のカップルを招待した。

 「野生の本質」と題し、動物たちの生殖の神秘を学ぶツアー。ジュゴンに似た海牛マナティーが

泳ぐ水槽の傍らで、キャンドルライトがともるディナーを楽しみながら飼育員のうんちくに耳を傾け、

マナティーたちの”その瞬間”を待つという趣向だった。

  マナティーは雌雄の関係なく性交を行うといわれるが、残念ながら雄ばかりの水槽の中では

野菜を食べるだけだった。

  それでも飼育員は一年間に四時間だけ繁殖期が訪れるヤマアラシやブタの生殖器の仕組みなど

興味深い話で飽きさせなかった。参加者のチャンドラーさんは「クジラの生殖器は長さ三メートル余も

あるという話が面白かった。バレンタインデーに男友達と参加するには、おつな企画ね」と話した。

AP通信が伝えた。”



・・・ということですが、「雄しかいない水槽」って・・・企画自体に無理があるような気が(笑)

ちなみにクジラの生殖器は、広島の宮島水族館で展示されているのを見たことがありますが、

確かに、横に立って写真を撮りたくなるほど大きかったです。

さらにちなみに、今回のフロリダ・マナスイム中に、別の参加者がマナティーの生殖器を見て

驚いたということもありました^^;性交もどきを目撃したようで、「かわいいだけと思っていたけど・・・

マナティーがマナティーに見えなくなった・・・」という、オトメな発言が皆にウケておりました。



私は今回でマナスイムは2度目ですが、改めて印象に残ったのは「親子の姿」でした。

親子だらけだったせいもありますが、本当に「愛情」という言葉以外浮かばないような

その姿は、見るたびに胸がいっぱいになるほどでした^^



マナスイムの詳細やその他の写真は、次回また改めてご紹介したいと思います。

バナナワニ園の件、誠に申し訳ございませんでしたが、是非6/10をあけておいて

下さいませ!^^

|

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »